ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ



歌手・アーティスト

「出る意味ないから出ない」紅白出場を拒否したアーティストの強烈な本音

投稿日:

Official髭男dism
スポンサーリンク
 
1: 爆笑ゴリラ ★

11/26(金) 7:15
NEWSポストセブン

「出る意味ないから出ない」紅白出場を拒否したアーティストの強烈な本音

家族でテレビを囲んで見た年もあれば、赤子を抱きながら見た年も、受験勉強の邪魔にならぬよう、ひっそりと耳だけで聴いた年もあっただろう。放送開始から71年。紅白歌合戦はいつの時代も、年末の風物詩であり続けた。しかし近年、見る側にも出る側にも変化があるようで──。

11月19日、今年で72回目を迎えるNHK紅白歌合戦の出場歌手が決定。ファンや音楽関係者は「ついに念願が叶った」「あの人はダメだったか……」などと悲喜こもごもの様子だった。

今年はNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』でヒロインの1人を演じる上白石萌音(23才)やSnow Man、KAT-TUN、布袋寅泰(59才)ら計10組が初出場。KAT-TUNの亀梨和也(35才)は「15周年の集大成、紅白のステージでぼくたちの思い、そして皆様への感謝の思いを精一杯届けたいと思います!」と、初めての選出に喜びのコメントを発表した。

一方で、こんな決断も。人気ロックバンド・Official髭男dismは出場を辞退したというのだ。今年は2020年に発売した「Pretender」に続き、2021年の「I LOVE…」もストリーミング再生で、累計3億回再生を突破。“紅白拒否”は人気絶頂で下した決断だった。

「今回、断ったのはOfficial髭男dismだけではないとか。今年、CMの曲が話題となり連続ドラマの主題歌も歌ったAさんや、子供からお年寄りまで知っているヒット曲を持つBさんも辞退したと噂されています」(大手レコード会社関係者)

かつて紅白出場といえば、歌手にとっては、勲章のようなものだった。出場すれば、“紅白出場歌手”として、しばらくはお茶の間の人気者になり、披露した曲のCDは、店頭から消えてなくなった。連続出場回数は人気のバロメーターにもなっていた。

だが、いまや紅白の存在感は、見る方も出る方にとっても「変わった」と言わざるを得ない。

今年の紅白は、人数制限こそあるものの、2年ぶりに有観客で開催される。司会は大泉洋(48才)、川口春奈(26才)、NHKアナウンサーの和久田麻由子(33才)の3人。さらに、大物ゲスト審査員の出演もささやかれている。

「今年はオリンピックイヤーだったこともあり、東京五輪で活躍したメダリストやスポーツ選手に出演交渉がされているとか。NHKのプロデューサーは会見で、大谷翔平選手(27才)について、『(出演してくれたら)いちファンとして最高ですよね』と顔をほころばせていました。彼が登場する可能性もあるでしょう」(芸能関係者)

こうしたゲストや特別企画などの工夫をこらしながらも、近年、視聴率では苦戦続きだ。

紅白史上、最高視聴率を記録したのは、1972年の80.6%。1980年代前半は70%台をキープし、大晦日は紅白を見ることが国民的行事となっていた。だが’80年代後半からは下落傾向に。平成元年(1989年)にはリニューアルされ、開始時間が早まったものの、平均視聴率は42.7%という結果に。その後は40%前後を行ったり来たりで、昨年は40.3%(※)だった(関東地区の数値・ビデオリサーチ調べ)。

【※平成元年から紅白は2部制に。数値は後半(21時〜23時45分)である2部の世帯視聴率】

視聴率低下の理由として挙げられるのが、視聴者の高齢化だ。男女年齢層別の個人視聴率を見ると、65才以上の女性が最も多く36%、次が50〜64才の女性で33.8%になっている(スイッチメディア調べ)。

「若者に見てもらおうと、演歌枠を削って若いアーティストの数を増やしていますが、すると今度は高齢者層が『知らない歌手ばかりでついていけない』とそっぽを向く。完全に悪循環に陥ってしまっています」(前出・芸能関係者)

ここ数年は、紅白に呼ばれなくなったベテラン歌手の「卒業宣言」も相次いでいる。今年は五木ひろし(73才)が出場者発表の1か月前に「昨年50回を迎え、大きな区切りをつけました」と舞台を去った。

歌以外の要素を取り入れた「特別企画」も反応が分かれる。昨年は朝ドラ『エール』のキャストが登場し、最終回で放送された歌謡ショーを再現。『長崎の鐘』や『高原列車は行く』など、窪田正孝(33才)演じる主人公のモデルとなった古関裕而さんが作曲した楽曲を出演者が歌い上げた。

こういった企画に「賑やかで面白い」という声がある一方で、「もっとしっかりプロの歌手の歌が聴きたい」と困惑する視聴者も多いという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8427c45bb6bcb49c59cbdc682ef26a60dfa2d7c

2: 爆笑ゴリラ ★

井上陽水は「恥ずかしい」

あれこれ手を尽くしても、上がらない紅白人気。その要因は、今回のOfficial髭男dismのように「人気者でも出なくなっている」ことにもある。もちろん、昔からすべてのアーティストが紅白出場を望んでいるわけではない。

「例えば、井上陽水さん(73才)は、『恥ずかしいから』といって、オファーを受けたことがありません。また、B’zも『年末は完全オフ』を貫き出ていない。若手ではONE OK ROCKのTakaさん(33才)が『紅白は田舎のおばあちゃんを喜ばせるためのもので、東京生まれのぼくにはそういう感覚がない。出る気持ちになれない』と打ち明けていました」(別の芸能関係者)

それでも、近年までは紅白出場のメリットは大きかった。元NHK職員でメディアアナリストの鈴木祐司さんはこう解説する。

「出演者のレコードやCDの売り上げチャートは上がり、地方でのライブのチケットもよく売れるようになるという恩恵がありました。特に地方では紅白出場歌手ということで、知名度と好感度が上がりやすい。CM契約が決まったり、演歌歌手であれば、ステージ料が数十万円から数百万円など何倍にも跳ね上がるなど、紅白出場の有無が収入に直結していました」

しかし、そうした効果がここ数年で一気に薄れているというのだ。

「紅白を含めてテレビの影響力が低下したため、アーティストはYouTubeやインスタグラムを通したコアなファンとの交流を重視するようになりました。さらに、コロナ禍でオンライン配信ライブをするアーティストも増加。こちらの方が少ない経費で開催できるわりに、売り上げにも直結するのです。

ある歌手は、紅白に対して、“出る意味がないんで出たくない”とまで言っていました」(前出・芸能関係者)

紅白を取り巻く環境はこれからも変化していくなか、国民的人気番組は、視聴者からも、出演者からも求められなくなってしまうのだろうか。前出の鈴木さんは、意外にも紅白の未来は明るいと話す。

「歌番組が紅白に限らず軒並み苦しいなか、40%近い視聴率を維持しているのは、むしろ健闘しています」

視聴メディアの変化も追い風になりそうだ。ストリーミングサービスの登場で、中島みゆき(69才)の『糸』(1998年)や宇多田ヒカル(38才)の『First Love』(1999年)が、リアルタイムで聴いてこなかった10代の若者の間で聴かれるようになるなどの社会現象も起こっている。

「YouTubeやストリーミングサービスで新しい曲に出合う若者は、いつ発売したものであるかに関係なく、いい歌を評価する傾向がある。ありとあらゆる年代の歌を聴くことができる紅白は、若者にとっても魅力的なコンテンツではあるのです」(前出・鈴木さん)

世代を超えて音楽を楽しめる素地は整っているのだ。

「確かに、アーティストの紅白に対するスタンスは二極化しています。しかし、紅白が孫と祖父母の共通の話題になるなど、果たしている役割はいまでもある。これからも大晦日の風物詩として生き残っていくのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

19日に発表された出場歌手は紅組22組に対し、白組が21組。担当プロデューサーは、白組が1組少ないことについて「最終的にはきちんと整った形になるべく、設計をしていくことになる」と、“隠し玉”の存在を示唆した。

年末まであと1か月。いったいどんな人がサプライズで「カムカム」するのだろうか。

 

3: 名無しさん@恐縮です
のりピーでたら見る

 

5: 名無しさん@恐縮です
一回出りゃ親孝行達成だしな

 

6: 名無しさん@恐縮です
出たがってる歌手を出してやれよ、アッコとかエミコとか

 

7: 名無しさん@恐縮です
ダンプ松本とブル中野のコラボがあれば見ます

 

9: 名無しさん@恐縮です
そういえば以前、オファーもされてないのに辞退したアイドル歌手がいたなw

 

14: 名無しさん@恐縮です
もうスカして参加しないほうがダサいまであるわ
お祭りなんだから中で楽しくやってみんなで盛り上げようってほうがカッコいい

 

16: 名無しさん@恐縮です
視聴率が80%から40%になったのに、
なぜ受信料や職員の給料が上がっているのですか?

 

17: 名無しさん@恐縮です
今ですら40%あるのが驚きだわ
馬鹿が40%いるって事だろ

 

19: 名無しさん@恐縮です
紅白なんて老人しか見ないだろ
普通バラエティ見るわ

 

25: 名無しさん@恐縮です
歌の合間のちゃちな寸劇強制されるのが嫌なんだろ

 

26: 名無しさん@恐縮です
勝手に落選とか言ってるの違和感あったわ

 

31: 名無しさん@恐縮です
あほかwww
昔っから辞退者なんて大勢いたわ

 

32: 名無しさん@恐縮です
こんなんずっと言われてるよな人気当時その拒否の流れにいたはずのバンプが2回も出てるんだからあてにならん

 

33: 名無しさん@恐縮です
宇多田ヒカルが辞退した時は海外育ちだから紅白出場にありがたみを感じないんだろうなって思った

 

35: 名無しさん@恐縮です
昔はレコ大からダッシュで紅白の会場に来るみたいなのがお約束だったな

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637884690/”

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-歌手・アーティスト
-