ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ

お笑い芸人

<明石家さんま>「老害化する笑いの天才」の限界!なぜ好感度が下がっているのか?

投稿日:

明石家さんま
スポンサーリンク
 
1: muffin ★

 昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ。さんまを上回る次世代の好感度No.1芸人の誕生は、大きな話題になった。

しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。

■なぜ好感度が下がっているのか

記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

まず、1つ目の問題について。確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。

りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた。

セクハラやパワハラに対する世の中の意識が変わり、それに伴ってテレビの世界でも、露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観にとらわれ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している。それに違和感を抱く人が年々増えているのだろう。

9/8(日) 5:40配信 東洋経済
★1が立った日時:2019/09/08(日) 09:49:02.35

 

114: 名無しさん@恐縮です
>>1
あのメッシをガチギレさせた日本人は後にも先にも
明石家さんましかおらんでー
でも日テレはその責任をタカトシに取らせて降板w

 

198: 名無しさん@恐縮です
教養なんてなくていいんだよ
ダウンタウン松本みたいに教養の必要な番組で無教養を晒して生き恥かいてるわけでもない
>>1はどうせさんまが教養あるタレントとしてその教養をひけらかしたら
それはそれで文句垂れるんだろうよ

 

227: 名無しさん@恐縮です
>>1
本人は60歳で引退考えてたはず
この世代のテレビタレントは芸は若者が引っ張っていくもので
大御所は脇役へという価値観強いと思うからこそ60歳引退説あったと思うんだよねぇ・・・
さんまもよもや60過ぎても需要のせいで逃げられない事にジレンマあるやろね
これはダウンタウンにも言えそうだけど・・・

 

257: 名無しさん@恐縮です
>>1
教養が必要かどうかなんて、今のニーズがたまたまそうだというだけじゃん

 

382: 名無し募集中。。。
>>1
結局さんまより面白いやつ出てこない限り無理だろ

 

395: 名無しさん@恐縮です
>>382
世間はそれをサンドの二人だと認定したようだよ?

 

644: 名無しさん@恐縮です

>>1
明石家さんま、サッカー解説で オレ、日本のチームに興味ないねん(真顔) と発言

明石家さんまがフジテレビで生中継されたサッカーの国際試合に解説者として出演してた。
日本代表チームvs外国チーム(国名は失念)の試合で日本代表についてコメントを求められたさんまは

「オレ、日本のチームに興味ないねん」(真顔)

と発言し、女性アナウンサーを凍りつかせてたw

すぐさまCMに入ったが生放送だったので批判コメントおよび電話が殺到したと見られ、CM明けのさんまは試合終了までキョドりっぱなしで明らかにコメント数も減っていたw

明石家さんまのサッカー好き発言は海外選手目当てのミーハーさだと証明されたね。

 

660: 名無しさん@恐縮です
>>644
一方自分の番組で23歳の香川に対して敬語で話すノリタケ
念入りな下調べとリスペクトを忘れないタカアキ

 

729: 名無しさん@恐縮です
>>1
当初言ってた通りに引退しとけばよかったのになぁ

 

831: 名無しさん@恐縮です
さんまに教養がないこととと
今、さんまが嫌いな芸人1位になったこと
の関係が>>1ではよくわからんな

 

2: muffin ★

■「教養がない」という弱点

2つ目の「何でも自分の話にする」ということに関しては、ビートたけしによるさんま評が参考になるだろう。たけしはさんまを「しゃべりの天才」と評価していて、反射神経と言葉の選択のセンスに関しては右に出る者はいないと絶賛している。だが、そんなさんまにも欠点があるという。それは「教養がない」ということだ。

バラエティ番組の中で、素人でも誰でもどんな相手だろうときちんと面白くする。けれど、相手が科学者や専門家の場合、結局自分の得意なゾーンに引き込んでいくことはできるし、そこで笑いは取れる。でも、相手の土俵には立たないというか、アカデミックな話はほとんどできない。男と女が好いた惚れたとか、飯がウマいマズいとか、実生活に基づいた話はバツグンにうまいけど。

(ビートたけし著『バカ論』新潮新書)

要するに、さんまには教養がないので、相手の話を同じレベルできちんと受け止めたうえで、それに対して何か返すということができない。だから、話の中身ではなく、話し方や態度や言葉尻などの細部を捉えて、自分の土俵に持ち込んでそれを笑いにする。もちろんそれ自体がさんまの芸人としての卓越した技術なのだが、それが人によっては「話を聞いていない」という不誠実な態度に見えるということだろう。

これに関しては、今に始まったことではなく、さんまは若手の頃から一貫してこのようなトークスタイルを貫いている。さんまは、あらゆる事象を笑いを取るための素材として平等に扱う。目の前にいる相手が話していることも、それ自体が重要なのではなく、それで笑いが取れるかどうかだけが重要だと考えている。笑いの職人としてのさんまの高すぎるプロ意識が、ここでは裏目に出ている。

さんまの何でも笑いに変える話術はすばらしいものであり、彼自身が何も持たない若手の頃にはそれがとくに魅力的に見えていた。だが、さんまは現在64歳である。共演するほとんどのタレントが自分より年下だ。年配の人間が、一回りも二回りも年下の相手に対して、一切聞く耳を持たないという頑固な態度を取っていれば、印象が悪く見えるのも無理はない。

ただ、テレビタレントとしてプロ中のプロであるさんま自身は、ここで述べたようなことは百も承知だろう。これまでにも、時代の変化に合わせて自分の見せ方を微調整したり、新しいものを貪欲に取り入れてきたからこそ、いつまでも古びないで最前線に立っていられるのだ。しかし、そんな「超人」にも限界はある。

■さんま本人も「限界」を自覚か

さんま自身も、近いうちに逆風が来ることを見越していたような節もある。というのも、さんまは60歳になる前の一時期に「60歳で引退したい」とほのめかしていたことがあったのだ。結局、前言を撤回して、それ以降も芸能活動を続けることになった。実はさんまはその時点で「このまま続けていれば限界が来る」ということを何となく悟っていたのかもしれない。

とはいえ、いまだに「好きな芸人」部門で2位をキープしていて、冠番組を多数抱えているさんまの勢いは、すぐに衰えるようなものではない。本稿で述べたようなことすべてが、さんまというお笑い界の巨人の前には言いがかりに近い些末な指摘にすぎないのかもしれない。

ただ、「お笑い怪獣」の異名を取るさんまにも、いつか確実に終わりの日は来るのだ。さんまが「嫌いな芸人」部門で1位になったという事実は、後から振り返ってみれば彼にとっての「終わりの始まり」になるのかもしれない。

ラリー遠田 :作家・ライター、お笑い評論家

 

616: 名無しさん@恐縮です

>>590
>そういうスタイル
そこで言い訳が通ってるのは「実際にやらせた場合には答えられる」
ってのが大前提になるわ

ワイドナショーの松本にしてもな?「芸人だから、笑いの視点であり
笑いのコメント」って言えるのは、「きちんと答えて」ってやった時には
「答えられる」奴な
「答えられないってなると、芸人とかではなく、無教養で馬鹿だから
そもそもできない」ってことな

>>2
さんまに限らず、「芸人の多くや、YOUTUBER,生主」
みな、そうだってことな
馬鹿の集まりなのさ

 

617: 名無しさん@恐縮です
>>616
マスゴミ全般がそうだから恐ろしい

 

3: 名無しさん@恐縮です

どの番組に出ててもつまらない老害どもは、

明石家さんま、たけし、タモリ、つるべ、
ダウンタウン松本、浜田、今田、東野、とんねるず、ウンナン、
出川、爆笑問題、ナインティナイン、さまーず、くりーむしちゅー
雨上がり、バナナマン、有吉、ネプチューン。

つまらないのはジャニーズ全員。

 

4: 名無しさん@恐縮です
たけしとさんまは引き際間違えたな。

 

12: 名無しさん@恐縮です
>>4
タモさんはいい時期にいいとも辞めたよな
あとは趣味みたいな番組しかやってないし

 

115: 名無しさん@恐縮です
>>12
惜しまれるうちに退くのが結果的にいいよな
タモリ倶楽部って鉄板のホームがあったのもデカイけど

 

645: 名無しさん@恐縮です
>>115
そのタモリ倶楽部守るために
ミュージックステーション
やらなきゃいけない悲しさな

 

8: 名無しさん@恐縮です
司会者が出演者やスタッフより歳とって偉くなりすぎるとダメだよな

 

9: 名無しさん@恐縮です
さんまがいつまでも自分は若いって感覚でいるのが全ての元凶だろ。

 

310: 名無しさん@恐縮です
>>9
若い女とも自分と付き合えるかとかそんな目線で語るのきもいよな
志村けんもNHKでコント番組してて、どうみても定年したジジイなのに
若い子供がいる30前後の女が嫁の設定でまるで話に入れなかったわキモくて

 

651: 名無しさん@恐縮です

>>9
関西のお笑い芸にパワハラ要素が強くて時代に合わなくなってきたからだと思う。

千鳥とかケンコバって他者へのマウント少ないから関東でもウケてるけど
やたら攻撃的だったり前への圧が強い芸人多い関西芸人多過ぎ。

 

655: 名無しさん@恐縮です
>>9
セルフイメージが心はロンリー気持ちは…とか男女七人~の頃で止まってるんだろうなw

 

796: 名無しさん@恐縮です
>>9
流石にさんまがいまるよりも若い孫くらいのアイドルとか相手に恋愛やコンパの話をするのは痛々しい。

 

10: 名無しさん@恐縮です
確かにタモリやたけしと比べると教養は無い感じはするな

 

35: 名無しさん@恐縮です
>>10
教養はないけど人として深いよ
たけしに教養?

 

13: 名無しさん@恐縮です
いやいやサンマちゃんは凄いよ
衰えたとはいえ未だにNO1だよ
あの底抜けの明るさは他並ぶものはいないよ
さんまちゃん、タケシさん、タモリさん、鶴瓶さん
長きに渡ってドカンと笑わせてくれる芸人さんに感謝

 

14: 名無しさん@恐縮です
今いる大卒芸人がさんまよりおもろいとはけっして思えないんだけど

 

15: 名無しさん@恐縮です
さんまは松本人志と違ってきちんと冠番組で二桁視聴率とれてるぞ
とんねるず同様打ち切られるべき一桁低視聴率なのに事務所プロテクトで無理やり番組継続してデカイ顔し続ける松本人志の方がよっぽど老害

 

16: 名無しさん@恐縮です
教養って言われても
面白くなければ意味無いしな
さんまちゃんにそこを求める方が間違ってるよ

 

23: 名無しさん@恐縮です
さんま下ろしが始まったか
ダウンタウンもやれよ

 

24: 名無しさん@恐縮です
モラルがない
笑いにすれば許されると思ってる
マジで吉本潰さないと危険

 

286: 名無しさん@恐縮です
>>24
これ。
笑わせたら何でもオッケーみたいな芸風が今の時代には合わないことに気付いていない。

 

25: 名無しさん@恐縮です
さんまは結構いろんな人と話合わせられるけど文化人相手だと空回りしたりするからなー
その辺りはやっぱりタモリとは違いを感じる

 

28: 名無しさん@恐縮です
教養あると思われたいのが松本

 

31: 名無しさん@恐縮です
さんまで笑った事は一度もない、一度もね。

 

32: 名無しさん@恐縮です
さんまのまんま だっけ?あれ今でもやってんの?
この番組見てる分には「自分の事しか言わない」とか微塵も思わんかったけどな

 

855: 名無しさん@恐縮です
>>32
まあそれでマツコ出して迎合しようとしてるけど
姉ちゃんセクハラでしかな脳髄にはムリなんだよね

 

33: 名無しさん@恐縮です
60になったら辞めると言ってたのをあっさり覆したから

 

52: 名無しさん@恐縮です

>>33

それはサンマちゃんのいう事を素直に信じたあなたがバカなのよ
信じてたの世界であなた一人だけだと思うよ

 

418: 名無しさん@恐縮です
>>33
松本人志も絶頂期に「三十才で引退する」と言っていた。

 

38: 名無しさん@恐縮です
いわゆる引き出しが少ないってやつだな
その少ない引き出しでやりくりするセンスが天才的だったんだろうが

 

39: 名無しさん@恐縮です
さんまはトーク以外は使えない

 

42: 名無しさん@恐縮です
さんまって、時事ネタや政治ネタはほとんど喋らんよな。教養がないw

 

48: 名無しさん@恐縮です
>>42
芸人としての仕事じゃないと思ってるからじゃね?

 

43: 名無しさん@恐縮です
さんまが盛り返してきたのは 賢いからだぞ

 

44: 名無しさん@恐縮です
中途半端に今の芸風変えて今のファンを手放すより今のままで行った方がいいでしょ
嫌ってる輩が増えたと言っても好きなファンの数は相変わらず多いんだから

 

50: 名無しさん@恐縮です
だがその世代で笑いの一線で活躍してるのはさんまやん

 

56: 名無しさん@恐縮です
経験によって自分で考えられる
頭を持ってるから
さんまは今でも第一線なんやで

 

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567921065/

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-お笑い芸人
-