ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ



芸能ニュース

<タレントパワーランキング2020 芸人編>サンドウィッチマンが芸人TOP3独占!出川哲朗は4位

投稿日:

サンドウィッチマン
スポンサーリンク
 
1: Egg ★

1位~10位
no title

2020年版のタレントパワーランキング芸人編は1位がサンドウィッチマン、2位が富澤たけし、3位が伊達みきおと、昨年に続いてコンビ、ソロでトップ3を独占した。4位の出川哲朗は昨年10位からの急上昇、10位のノブ(千鳥)も昨年23位からのジャンプアップで、それぞれ勢いを感じさせる。

11位~30位の一覧表や芸人急上昇ランキングは

 

日経エンタテインメント!では、08年から年1回「タレントパワーランキング」を発表している。株式会社アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。

多くの人が何気なく目にするテレビで存在感を示すため、パワースコアも高い傾向になる芸人勢。芸人編1位は昨年に続き、サンドウィッチマンだった。2018年に初めて「総合」トップ10入りしてから勢いが衰えず、ソロでも富澤たけしは2位に、伊達みきおは富澤に一歩譲る形で3位となった。レギュラーはテレビが15本、ラジオが3本と多忙を極めながらも、みやぎ絆大使をはじめ、14もの大使やアンバサダーを務めている。

ランキング全体を見ると、昨年に比べてパワースコアを落としている人が多い。もともと高い「認知度」をキープする一方で、「関心度」を高めるのは容易ではない。そんななかでスコアを伸ばしたのはどんな顔ぶれか。2位のサンド・富澤以外では、まず10位から4位にランクアップした出川哲朗だ。バラエティやCMの露出が安定していることに加え、ベストジーニストに選ばれたほか、「旅芸人の原点」と語るクロアチアを再訪問した、11月放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系)がギャラクシー賞月間賞を受賞。今年1月には『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)に、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がゲスト出演したことも注目された。

つづく

7/11(土) 4:00 日経スタイル
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO61111820T00C20A7000000?channel=DF010320183446&page=2&n_cid=LMNST008

3: 名無しさん@恐縮です

テレビで見ない日はない10位の千鳥・ノブもスコアを伸ばした1人。コンビでのレギュラー番組を多数持ちながら、ピンでもナレーションからサブMCまでこなす。昨年は朝ドラの『なつぞら』に教師役で出演したほか、19年1月からメンバーとなった『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の企画「ゴチになります」で、1年で3度のピタリ賞に輝いた。コンビでは、19年4月から『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)、10月から『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)がスタート。なお、相方の大悟も10ランク以上アップしており、32位につけている。

このほかスコアが伸びたのは、14位のタカアンドトシ、16位の所ジョージ、26位のナイツ。タカトシは昨年13年ぶりに漫才の全国ツアーを開催したほか、地元北海道のレギュラー番組『ジンギス談!』(HBCテレビ)、『発見!タカトシランド』(北海道文化放送)が好評だ。所はMCを務める『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が高視聴率。ナイツは塙宣之がネタの分析力を買われ、2年連続で『M-1グランプリ』の審査員を務めたほか、著書の『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(集英社新書)が10万部を突破した。相方の土屋も、趣味の「消しゴムサッカー」のYouTubeチャンネルを19年2月に開設するなど、独自路線で話題を提供している。

スコアを伸ばしている芸人の共通点は、コンスタントにテレビ出演を重ねながら、ニュースに取り上げられるような出来事が定期的に発生していること。出川やノブのようにトピックが複数あると、スコアにも反映されるようだ。

■賞レースを制した若手芸人が急上昇
「急上昇ランキング」では、前回調査から7.8ポイント上昇した神田伯山(>>0�が1位に。「最もチケットが取れない講談師」として知る人ぞ知る存在だったのが、テレビ出演を機に知名度を高めた。

※前名は神田松之丞。20年2月に真打に昇進し、6代目神田伯山を襲名した。

そして今回は、お笑いの大きな大会で結果を残してきた面々の上昇率が目を引く結果に。2位のハナコは18年に『キングオブコント』で優勝。3位の霜降り明星は18年に『M-1グランプリ』で、その翌年に粗品がピンでも『R-1ぐらんぷり』で優勝し、勢いを決定付けた。17年の『キングオブコント』覇者である同率3位のかまいたちは、『M-1』でも3年連続決勝に進出し、大会規定のラストイヤーにあたる昨年、準優勝。これまでお笑いファンを中心に知られていた存在が、賞レースを盛り上げて好成績を残し、様々なバラエティで活躍するようになったことでスコアが跳ね上がった。

このほか、5位の山里亮太は、昨年6月に蒼井優と結婚したことが大きな関心事に。結果的に好感度が上がり、今年4月には新情報番組『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)でMCに起用された。また、コンビの南海キャンディーズとしてもCM出演のほか、ローカル番組のMCを務めるといった充実ぶりで8位に入った。

5位の田村亮は闇営業問題で、昨年6月から芸能活動を停止していたが、今年1月から活動を再開。7位の江頭2:50は、今年2月にYouTube公式チャンネル『エガちゃんねる』を開設。瞬く間に登録者数が増え、5月現在で200万人を突破している。

昨年は「第7世代芸人」と呼ばれる20代中心の若手がバラエティ番組を席巻したが、“突出したインパクト”での売れ方ではないため、上位には入ってこなかった。彼らが世の中に広く知れ渡るまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

 

5: 名無しさん@恐縮です
なんで伊達ちゃんよりトミーが上なのか説明してください

 

40: 名無しさん@恐縮です
>>5
色気

 

41: 名無しさん@恐縮です
>>40
ちょっと何言ってるかわからない

 

7: 名無しさん@恐縮です
ロンハーのドッキリはほんわかしたな

 

8: 名無しさん@恐縮です
本当にお笑いしか出てこなくなったよね(´・ω・`)テレビの多様性を殺してるのは偉くなり過ぎたお笑い芸人様のせいだよな(´・ω・`)

 

60: 名無しさん@恐縮です

>>8
日本は芸人とジャニーズの国だから

 

82: 名無しさん@恐縮です

>>60
ジャニーズは目立つだけで実はそんなに出てないけどな

2020上半期テレビ出演ランキング
総合
1位:博多大吉(吉本)
2位:若林正恭(ケイダッシュ)
3位:設楽統(ホリプロ)
4位:坂上忍 (個人)
5位:立川志らく (ワタナベ)
7位:林修 (ワタナベ)
8位:近藤春菜(吉本)
10位:澤部佑(ワタナベ)
11位:博多華丸(吉本)
12位:春日俊彰(ケイダッシュ)
13位:有吉弘行 (太田プロ)
14位:山里亮太(吉本)
15位:粗品(吉本)
16位:せいや(吉本)
17位:ノブ(吉本)
18位:富澤たけし(グレープカンパニー)
19位:国分太一(ジャニーズ)
20位:伊達みきお(グレープカンパニー)

 

11: 名無しさん@恐縮です
タモリって最近見ないな

 

13: 名無しさん@恐縮です
>>11
今、七十四だぞ。来月七十五だぞ。
そりゃ、仕事選ぶだろ。

 

14: 名無しさん@恐縮です
平時ならともかく有事にも関わらず政府に文句がある奴はじゃあ自分自身が総理大臣になればいい

 

15: 名無しさん@恐縮です
出川は納得
出川がテレビでてたら見てるもん

 

16: 名無しさん@恐縮です
サンドウィッチマン嫌いではないけど面白いか?昨日やってた犬のセリフみたいなのつまんなくて変えたもの。

 

20: 名無しさん@恐縮です
>>16
つまんないよね(´・ω・`)
伊達はテレビの笑いにシフト出来るけど富澤は向いてないつか瞬発力ないね

 

18: 名無しさん@恐縮です
制作側にしか関係のないランキングだな

 

19: 名無しさん@恐縮です
これを20年続けてようやくビッグ3と同列に語られるんだよ
サンドとかまだ2、3年だろ

 

21: 名無しさん@恐縮です
富澤って毎年いいドラマに出てるよな
また見たい

 

22: 名無しさん@恐縮です
出川は面白いけど笑いを語る出川と笑いをする出川はつまんない(´・ω・`)
充電以外の出川はつまんない興味ない(´・ω・`)

 

25: 名無しさん@恐縮です
サンドってレギュラー15本も持ってるのか
お笑い好きでバラエティをよく見てるが、あんま見ないな
ロンハーで偶に見るくらい。サンドを支持してる層はお笑い好きとはまた違うんだろうな

 

26: (東京MX)
関西芸人が飽きられたんだな。
数が多すぎるんだよ。

 

27: 名無しさん@恐縮です
またまた嘘くさい電通ランキングだなあ

 

29: 名無しさん@恐縮です
出川とうとう内村を抜いたか

 

30: 名無しさん@恐縮です
5年後10年後、この時代はサンドイッチマンの天下だったよねー
って絶対ならんよな
ポリコレ時代ぽい糞みたいなランキングだな

 

31: 名無しさん@恐縮です
富澤ピンで2位すげーww

 

34: 名無しさん@恐縮です
伊達と富沢がバロロームするとサンドウィッチマンになるんだぞ

 

35: 名無しさん@恐縮です
なにこれ?内村は入ってるけど
ウッチャンナンチャンになると、パワーダウンするの?

 

36: 名無しさん@恐縮です
どういうランキングなんだ
勢い&影響力とか?

 

39: 名無しさん@恐縮です
サンドウィッチマンは好き。 ただ、もっと同レベルで好きになれる
お笑い芸人がいても良さそうなんだけど、何故かあんまり出てこないな。

 

43: 名無しさん@恐縮です
好感度とかどうでもいいんだけどなあ

 

44: 名無しさん@恐縮です
サンドが何でこんなに人気あるのか謎だわ
嫌いではないけどネタでの評価以外はあんまり目立たない気がするが

 

48: 名無しさん@恐縮です
なんか意味あるのかこんなランキングw

 

49: 名無しさん@恐縮です
華大は一時期より下がってるね

 

50: 名無しさん@恐縮です
ちょっと何位いってるかわからない

 

51: 名無しさん@恐縮です
サンドイッチマンは面白いんだけどさぁ
番組の企画自体がつまらんのよ
志村みたいに番組をまかせればいいのに

 

52: 名無しさん@恐縮です
サンドの何が面白いのかわからんわ

 

53: 名無しさん@恐縮です
その割には視聴率もってないんだよな

 

54: 名無しさん@恐縮です
で?
代表作は?

 

56: 名無しさん@恐縮です
サンドっていうか
伊達幹男のつまらなさはヤベェよヤベェよ

 

57: 名無しさん@恐縮です
ニコニコしてるだけってのは
ポイントでは良かったけど
サンドは出過ぎ

 

58: 名無しさん@恐縮です
面白いと思うけど
タレントとして人気があるってのは分からんな

 

61: 名無しさん@恐縮です
千鳥ノブなんて顔すら知らない
テレビ見ないうちに本当に芸能界は変わったんだな

 

64: 名無しさん@恐縮です
>>61
そういう意見がいまこの世で一番ダサいよ

 

62: 名無しさん@恐縮です
サンドウィッチマンってコント、漫才は面白いがフリートークはいたって普通だよね

 

71: 名無しさん@恐縮です
みんな老人

 

75: 名無しさん@恐縮です
これ流石におかしいだろ
なんでサンドは個人でも入ってるんだよ

 

77: 名無しさん@恐縮です
サンドイッチマンはこの手のランキングは殿堂入りでいいでしょ
このコンビにおいては社会貢献などの要素も含まれてるから多分この先ずっと変わらない

 

78: 名無しさん@恐縮です
出川は未だに初見の気持ち悪さから変わらんなあ。

 

81: 名無しさん@恐縮です
サンド否定派って吉本の若手で笑える人?

 

83: 名無しさん@恐縮です
とうほぐ組織票パネエナ
東北と東北以外に分けたら
東北以外では10位以内にも入らんやろ

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594431937/”

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-芸能ニュース
-,