ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ



芸能ニュース

<堀江貴文>テレビはインターネットに完敗した 断言!【ホリエモン】

投稿日:

堀江貴文
スポンサーリンク
 
1: Egg ★

あまたの事業を成功させてきた起業家、ホリエモンこと堀江貴文。時代の寵児(ちょうじ)といわれ、ITビジネスや宇宙事業など、それまでの常識を覆す手法で自らの構想や事業を実現してきた。ただ、初めからその背景に莫大な資金や、特殊な才能があったわけではない。 堀江自身が好きなことに没頭してきた結果、ビジネスが生まれていったのだ。

【写真を確認する】カルロス・ゴーンと対談するホリエモン

起業家・堀江のメッセージは、いたってシンプルだ。

あえてレールから外れよ。

3歳児の気持ちで、のめり込め。

常識とか世間体なんか、ぜんぶ無視だ!

近刊『非常識に生きる』(小学館集英社プロダクション)では「自分の人生を取り戻す」ための、41の行動スキルを指南している。書籍の内容から、堀江が考える今後のメディアビジネスの方向性を語ってもらった。

重要人物にも直接アクセスできる。もうマスメディアは必要ない。
2020年の3月初め、レバノンに飛んでカルロス・ゴーン氏と対談を行った。対談動画は収録後、すぐに自分のYouTubeチャンネルで公開した。僕の公式チャンネルのなかでも飛び抜けた勢いで再生回数を伸ばし、あっという間に200万回再生を超えた。日本のメディアが、どこも成功していない単独のインタビューだ。

あらためて思う。マスコミ、とりわけテレビの役割は、もう終わりつつある。

スマホの出現で、情報の発信・受信の潮流は、垂直統合から水平分業の領域へ移りつつある。テレビ(垂直統合)の情報より、インターネット(水平分業)の情報の方が、いまやメジャーであるということだ。

多くの人に娯楽と優れた情報を届けるツールとしての勝負で、テレビはインターネットに完敗している。スマホの出現で、完全に結着(けっちゃく)がついたのではないか。

日本の司法の実態に異議を唱えるゴーン氏と、どうしても直接、会って話しをしたいと考えていた。レバノンでの対談は、個人の力でゴーン氏と連絡をつなぎ、取材することができた。接触の交渉に利用したのは、スマホだけだ。

大手テレビ局もコンタクトを取りつけられなかったニュースバリューの高い情報を、僕みたいな個人が工夫次第で獲得できるのだ。

グローバル社会で、一番有効なのは、個人の力だ。

大きな組織も、優秀な人材が集まりやすいなど利点はあるが、何かを発信したりクリエイトしていくなら、個人で動いた方が、圧倒的に効率がよい。

世界中を実際に回ってみて、「個人の時代」だという認識は強くなった。既得権益に守られていた会社組織やグループ体制は、急速に力を失い、スマホを駆使して行動する人の存在感が高まっている。

大手メディアの発信力が最強という、メディア界の常識は、ほぼ覆った。

1%の視聴率より、個人のTwitterで1万リツイートされる情報の方が、社会には影響力があるだろう。

11/27(土) 11:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/2673ff8351d18a9d3e474397e4960690502436a4

写真
no title

2: Egg ★

テレビはオワコン

テレビが社会に残っているのは、単に惰性だ。視聴者の大部分は「家にあるから見ている」人たちだと思う。

テレビというメディアに価値が残っているとすれば、歴史と伝統ぐらいだ。実質的にはオワコンと化している。一方で歴史と伝統は、意外と強いのも事実だ。登録者数が数十万人クラスの人気YouTuberが、自分のチャンネルで、テレビ出演のオファーを大喜びしているのを見ると、なんで? と不思議に思う。

世間一般においては、テレビはもう少し、最大のメディアであり続けるのだろう。

実質的には、発信する最強のプラットフォームは、もはや個人の手に移っている。

僕自身は、テレビのメディアとしての効率の悪さに、うんざりしている。ライブドアを経営していた時代までは、稼働時間の割に広告宣伝のコストパフォーマンスがよかった。スケジュールの許すときは、積極的にテレビに出ていた。

でも近頃は、ひどく悪い。拘束時間が長すぎる。ギャラも驚くほど安い。コメンテーターで出演しても、しょうもない質問しかされないし、ウザい共演者に絡まれる。

好きなことをTwitterで呟いて炎上した方が、広告宣伝のコストパフォーマンスはいい。公式動画を磨いていく方が、はるかに効率的だ。スケジュールが合って出演できたとしても、Zoomで対応できる。もうスタジオに出向く面倒は、引き受けたくない。コロナパニック以降は、「僕自身がメディア」の体制へ、より注力していくだろう。(敬称略)

 

4: 名無しさん@恐縮です

でもネットの話題はテレビに関係することだけですね

はい論破

 

6: 名無しさん@恐縮です
フジテレビ買収失敗してよかったじゃん

 

8: 名無しさん@恐縮です
インターネットもしょせん白人が作るルールに従うだけだろ

 

12: 名無しさん@恐縮です
YouTubeがここまで発展するとは思いもしなかったんだろうな

 

14: 名無しさん@恐縮です
no title

 

15: 名無しさん@恐縮です
地上波生放送に出演するも渦中の餃子屋トラブルの件はダンマリwwww

 

16: 名無しさん@恐縮です
そらNHKも必死でネット視聴者からも受信料徴収したろ思うわな

 

17: 名無しさん@恐縮です
テレビ局買えなかったのまだ引きずってんだな

 

21: 名無しさん@恐縮です
お前はひろゆきに完敗したくせに

 

25: 名無しさん@恐縮です
自分の敗北は認めてるのか?
なら西村よりはマシだと認めてやろう

 

26: 名無しさん@恐縮です
でもネットの広告はテレビの百倍くらいウザい
5秒とか長すぎる 1秒でも長い

 

27: 名無しさん@恐縮です
うん、知ってる、で?
メディアを敵対的買収しようとした豚の話しよっか?

 

28: 名無しさん@恐縮です
テレビ見ながらネットが一番なのにアホだなw

 

34: 名無しさん@恐縮です
テレビつまらないからね
昭和の番組を地上波で再放送してくれ

 

40: 名無しさん@恐縮です
テレビに残されたのってスポーツのライブ中継くらいだろ
これ無くなったらマジで終わり

 

43: 名無しさん@恐縮です
まぁ視聴者層がそのまんまようつべに移っただけだし
何ならテレビの制作やってた連中がそのまんまユーチューバーの制作やってるわけで
テレビの手法そのものが否定されたわけじゃなくて媒体が否定されただけで意味ない

 

46: 名無しさん@恐縮です
動画視聴なんてコンピュータの
機能の一つに過ぎなくなったからな。
テレビもカメラもステレオも電話も。
ジョブズが言ってたデジタルハブって
いうやつ。そしてコンピュータが
小型化してスマートフォンになった。

 

50: 名無しさん@恐縮です
てか動画コンテンツ版のアタリショックが起きる可能性は否定できんよ。

 

53: 名無しさん@恐縮です
ここでいう個人の力ってまずゴーンの連絡先をゲットする金のことけ

 

54: 名無しさん@恐縮です
そして視聴者が発信者に。

 

56: 名無しさん@恐縮です
ネットもいずれ負ける

 

59: 名無しさん@恐縮です
ネットには未来がまだまだある
テレビは・・・・

 

66: 名無しさん@恐縮です
テレビはオワコンって、もう10年以上前からずっと言われてるけど、ぜんぜん終わらないやん
Twitterのトレンド見てもテレビや芸能人の話題ばっかやで

 

67: 名無しさん@恐縮です
堀江がフジテレビ買ってたほうが面白くなってただろうな

 

72: 名無しさん@恐縮です
10年後にテレビはなくなってそうだよね

 

81: 名無しさん@恐縮です
バカしかテレビなんて見てない

 

84: 名無しさん@恐縮です

テレビ購入に金かかる
テレビ持っているだけで金かかる
テレビ処分にも金かかる

素晴らしい(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

 

93: 名無しさん@恐縮です
YouTubeの伸びは凄くてテレビを駆逐する勢いだけど、それが持続するとも思えない。

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638023703/”

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-芸能ニュース
-


 コメント
  • 匿名 より: 2021/11/28(日) 12:33 PM

    >あまたの事業を成功させてきた起業家

    それひょっとしてギャグで言ってんのか?ゼンカモンだろこいつ。

    返信

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事