ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ



アイドル

アイドルの「恋愛禁止ルール」は人権侵害? 恋愛スキャンダルで一発退場も… なぜアイドルのルールだけが厳格なのか?

投稿日:

スポンサーリンク
 
1: jinjin ★

恋愛スキャンダルで一発退場も…
なぜアイドルのルールだけが厳格なのか?

『文春オンライン』でシンガー・ソングライター優里との熱愛が報じられたアイドルグループ・Juice=Juiceの高木紗友希に対し、所属事務所のアップフロントプロモーションは「ハロー!プロジェクトのメンバーとして、自覚を欠いていると総合的に判断」し、ハロー!プロジェクト及びJuice=Juiceの高木の活動終了と、その後同事務所の退所を発表した。

これをきっかけにSNSではさまざまな議論が続いており、「過去の先輩たちの処遇を見ていたら仕方のない結果」との意見が多いが、一方で「一発解雇は重過ぎる」「人権の侵害だ」などの声も上がっている。
多様な働き方を取り入れる「ダイバーシティ」の考え方が進む中、“芸能人の働き方”も変化している。
今なお続く「アイドルの恋愛禁止」は時代錯誤なのか? 芸能法務に詳しい河西邦剛弁護士に話を聞いた。

■事務所や運営側を“悪”とするのは短絡的、誰も望まない“脱退”という禊の形

所属タレントの恋愛禁止を大々的に掲げる芸能事務所は減ってきているように見えるが、こと“アイドル”となると状況は別だ。特に、モーニング娘。などが所属するハロー!プロジェクト(以降ハロプロ)では、前述のように恋愛禁止条項が頑なに守られているようだ。
過去には矢口真里や藤本美貴などが熱愛報道を理由に所属グループを脱退している。

「なぜ、アイドルに恋愛を禁止する必要があるのかといえば、ファンの中には恋愛禁止を求める声もあるからです。アイドルビジネスの主な顧客はファンであり、その中に恋愛禁止を求めるファンがいるから、芸能事務所は恋愛禁止のルールを作ることで顧客ニーズに答えようとします」(河西弁護士)

しかし、矢口や藤本が脱退を余儀なくされた当時と比べれば、現在はスマホカメラやSNSが爆発的に普及しており、一般人に“現場”を撮影されてメディアやSNSで拡散…というのもなくはない話。
バレずに交際を続けることは昔以上に難しくなっている。

芸能事務所・アイドル本人・ファンの三者が本来は望まない“脱退”という結果になってしまうのだが、そもそもアイドルに恋愛禁止を強いることの法的根拠はあるのだろうか?

脱退はアイドルの伝統と歴史を守る気概の表れ
一方で残された側の思いは?

「もちろんケースによりますが、過去の判例を見ると、恋愛発覚からグループ解散に至ったケースで、アイドルに一部の支払いを命じた判決もありました。しかし、その後の裁判では『異性との交際は人生を自分らしくより豊かに生きるために大切な自己決定権』であることを理由に、損害賠償を認めない判決が出ています。さらに多様化が進む近年の時代背景においては、恋愛禁止は契約書に明記されていたとしても法律上は無効と判断される傾向がより強くなり、違約金の請求や、一方的な解雇は認められないでしょう」(河西弁護士)

つまり、昨今の法律的判断の傾向としては、恋愛発覚を理由にアイドルに損害賠償を求めたり、所属グループや所属事務所を辞めさせることはできないということだ。
となれば、芸能界では長年守られてきた“恋愛禁止”のルールに対して、アイドルたちは自らその“しきたり”に従い、体を張ってその“伝統”と“歴史”を守ったというある種の“気概”を見せたのだともいえる。

「一方で、歌唱スキルが極めて高いと評されるメンバーであっても交際発覚からグループ一発退場となれば、『私たちは今まで何を評価されていたんだろう』とアイドル側を取り巻く不安も残ることになります」(河西弁護士)。 実際に高木のようにハロプロ内でトップクラスの歌唱力を誇るモーニング娘。’21の小田さくらは、高木の“事件”を受けて自身のブログで以下のように語っている。

「音楽を武器にしようとしているハロー!プロジェクトが私は大好きです。なので、高木さんのように歌声という最大の武器を持ち合わせていた人ですら、戦えない事があるという現実に、音楽が1番大事ではなかったんだと感じた事がすごく悲しかったです。“アイドル”は音楽という娯楽の中にちゃんと属せているのでしょうか?」(小田さくら|モーニング娘。’21 天気組オフィシャルブログより一部抜粋)

事務所も、大切に育てた人材を手放したい思いはないだろうし、タッグを組んでやらないといけないはずのアイドルとの間に溝ができるような状況は避けたいはず。
ルールの見直しや、より一層のケアも必要なときなのではないだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e79e9d23135320a8a110080f777926cfc949b04d?page=1

3: 名無しさん@恐縮です
うっせぇわ

 

4: 名無しさん@恐縮です
オタクの部屋見たら浮気しまくりだったしアイドルもやってええやろ
no title

 

6: 名無しさん@恐縮です
恋愛ぐらいさせたれよ
それがファンの本当の優しさだろ

 

7: 名無しさん@恐縮です
もういいだろ

 

8: 名無しさん@恐縮です
じゃあ全アイドルグループ一斉に恋愛解禁しろよ

 

9: 名無しさん@恐縮です
ルールじゃなくて原理だろ?
恋愛してファンがいなくなればアイドルとして成り立たなくなるから、そうなったらもうそれはアイドルではない

 

10: 名無しさん@恐縮です
今の時代もう恋愛禁止とか人権侵害だからね

 

13: 名無しさん@恐縮です

「誰も望まない」って言うけど、
実際にグループの人気が落ちて売上が落ちれば、ファンは文句いうよ。
辞めたという結果になったから「辞めないで!」って言うだけで。
そもそもアイドル本人が「望まない」結果なのかも不明。
続ければ個人の人気は落ちる、その影響でグループ影響も落ちる、
その上で続けたいと思うかどうか?

「一方的解雇」なんてことしなくても分別があれば、結果は自明なんだよ。

 

14: 名無しさん@恐縮です
マジレスすると人権侵害丸出し

 

17: 名無しさん@恐縮です
人権侵害だな

 

19: 名無しさん@恐縮です
うるせえ文春がネタにしなければ
何やっていてもバレねえわw
商売の邪魔してんじゃねえよw

 

20: 名無しさん@恐縮です
アイドル好きだけど別に恋愛してもいいと思う

 

26: 名無しさん@恐縮です
アイドルって言っても大人数の団体芸だから替えはいっぱいいるし後ろが変わってもよく分からない

 

27: 名無しさん@恐縮です
歌舞伎役者の時代から恋愛は隠す文化だからな

 

34: 名無しさん@恐縮です

恋愛してほしくないけど
若い子だからしょうがないよね
恋愛してもいいけどバレないようにしてくれよ

って感じかな

 

35: 名無しさん@恐縮です
基本的には自由だが公序良俗に反する場合はルールが規制されることはあり得る
恋愛禁止規定はそれに該当する可能性がある

 

37: 名無しさん@恐縮です
AKBで文春砲食らった代表格である指原、柏木、峯岸のが今一番仕事多いという事実

 

48: 名無しさん@恐縮です
恋愛禁止ルールとか時代錯誤もいいとこ
仕事さえきっちりやってればプライベートで恋愛しようが別に問題ない

 

63: 名無しさん@恐縮です
卒業したら恋愛しようが結婚しようが興味をなくすんだから、
やっぱりアイドルやってる間はしないほうがいいだろ

 

64: 名無しさん@恐縮です
恋愛禁止にする必要ないよ

 

72: 名無しさん@恐縮です
恋愛禁止は勝手にやりゃ良いけど、それを大人(文春)がおもしろおかしく報じて人生を狂わせるのがな。
見苦しいし後味悪いわ。
それだけじゃなく、デビューもしてない下積みの子の素行を報じて芸能界追放させたりとか、他人事ながら無慈悲だと思う。

 

79: 名無しさん@恐縮です
イベントとして必要だろ
バレた時が一番盛り上がるんだから

 

83: 名無しさん@恐縮です
しょうがないのよ
そうしないと稼げないんだから

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617472450/”

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-アイドル


 コメント
  • 匿名 より: 2021/04/05(月) 1:40 AM

    アイドルの恋愛禁止は業界の建前であればよくて、むしろプライバシーを勝手に公開した雑誌が人権侵害なのでは?報道したら失職するとわかってて、犯罪でもない事を報道してお金を稼ぐのであれば、アイドルは損害賠償を求められると思います。今酔っ払ってるんで、自分いいこと言ってる気がします。

    返信

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事