ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ

TV・映画

<ターミネーター最新作>が世界中でコケた理由…敗因は?

投稿日:

スポンサーリンク
 
1: Egg ★
no title

「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター/ニュー・フェイト』が大惨敗している。その理由とは?(写真:Jun Sato/WireImage/ゲッティイメージズ)

 おそらく、彼はもう戻ってこない。『ターミネーター/ニュー・フェイト』は、作り手の期待からはほど遠い、新たな運命を決定づけてしまった。

全米騒然! マイケル・ジャクソン「性虐待」告発映画

 今作は、生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作とストーリーを担い、リンダ・ハミルトンが25年ぶりにサラ・コナー役で戻ってくるということで大きな期待が寄せられたシリーズ6作目。公開初週こそ日米ともに1位を獲得したものの、その数字は予想をはるかに下回るもの。下落率も激しく、北米では3週目にして早くもトップ10圏外に落ちてしまった。

 現在までの世界興収は2億4900万ドル。製作費はおよそ1億9000万ドルと高額なうえ、世界規模のマーケティング費用がかかっており、収支トントンになるには最低4億8000万ドルの売り上げが必要と見られているが、もはやその数字を達成するのは不可能だ。

 これは、評価ではずっと劣るシリーズ5作目『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(世界興収4億4000万ドル)の半分強にしかならない成績。人気を取り戻すためのテコ入れと思われていたのにこの結果とあり、ターミネーターシリーズはもはやこれで打ち切りだろうとささやかれている。

■「ターミネーターの敗因」とは? 

 『ニュー・フェイト』は、表面上は4年ぶりの新作だが、シリーズ3、4、5作をなかったものとし、キャメロンが関わった最後の作品である『ターミネーター2』の直接の続編という位置づけにある。『ターミネーター2』が公開されたのは、1991年。どうやらそのタイムラグが、今作の敗因の1つと見てよさそうだ。

 まず、28年前に今の若い観客は、まだ誰も生まれていなかった。つまり、彼らは、今の40代後半以上の人たちのように、劇場で『ターミネーター2』を見て、あの驚くべきテクノロジーやハミルトンの肉体美に感激するということを、体験していないのである。後にブルーレイなどで観たとしても、当時、映画館で観るのとでは、インパクトが違う。例えば28年前は、携帯電話すら一般化していなかったのだ。

11/30(土) 16:00配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00316541-toyo-soci

114: 名無しさん@恐縮です
>>1
「あぁ、ジョーン!」
が始まった直後の感想。
あんなに2で必死に守ったのに。

2: Egg ★
そして今では、当時斬新な設定といわれていた「AIの脅威」さえ現実になりつつある。タイムトラベルのコンセプトも、この28年の間に、さんざんいろんな形で見せられてきて、もはや新鮮味はない(つい最近も『アベンジャーズ』で同じコンセプトが扱われていた)。

 さらに、28年前は、中国をはじめとする新興の映画市場が存在しなかった。

 新興国の観客は『ターミネーター』を最近の作品、すなわち、あまりよくない作品で知るようになっている。新3部作の第1部のつもりがコケたせいで次回作の計画が頓挫した『新起動/ジェニシス』を見せられた後に、また新たなターミネーターが来ると聞いて、興奮しろというほうが無理な話だ。

 実際、『新起動/ジェニシス』を最悪の事態から救ってくれた中国の観客さえ、『ニュー・フェイト』には見向きもしなかった。

■連発される「続編」&「リブート」

 同じように、今月は、『シャイニング』(1980年)の続編『ドクター・スリープ』と、16年ぶりにリブートされた『チャーリーズ・エンジェル』が興行成績において撃沈している。

 『ドクター・スリープ』が今作られたのは、スティーブン・キングが同名の原作小説を出版したのが2013年だという事情がある。しかし、『チャーリーズ・エンジェル』を、今わざわざ、しかも10代の女の子たちに向けてリブートしたという判断には首をかしげざるをえない。

 そもそも、『チャーリーズ・エンジェル』の元ネタは1970年代のテレビドラマで、思い入れがあるのはその時代を生きた世代だ。2000年と2003年にはキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演の映画が公開されたが、それも今の10代の子たちにとってはママ世代の映画で、ブランドバリューはまるでない。

 また、女性が主役のアクション映画がとても少なかった当時と違い、最近では『ワンダー・ウーマン』や『キャプテン・マーベル』などが人気を博しているため、もはや新鮮味は薄いだろう。

6: 名無しさん@恐縮です
美少年主人公を猿にしたターミネーター3
絶対に許さない

61: 名無しさん@恐縮です
>>6
123と立て続けに見たが3で劣化激しかったな。
あれだったら代役立てた方がよかった。
女の人が惚れて結婚して子どもを作るとは到底思えない。

7: 名無しさん@恐縮です
今までやったきたことをなかった事にされたから夢中になってたのがアホ臭くなってさめちゃったんだよ
馬鹿キャメロンの思い上がり

30: 名無しさん@恐縮です
>>7
アメコミだと普通にあるからなあ
煮詰まってきたら、ちゃぶ台返しのリブート

15: 名無しさん@恐縮です
まあ一度3を作って受けなかったからあれは無しです、今度のが本当ですって観客舐めすぎだろ

46: 名無しさん@恐縮です
>>15
> まあ一度3を作って受けなかったからあれは無しです、今度のが本当ですって観客舐めすぎだろ

そもそも3以降は作ってる人が全部バラバラ。
1と2の後キャメロンが離婚してターミネーターも権利を渡したから。
しかも製作中に監督が何度も変わってる。

16: 名無しさん@恐縮です
ヒットしてるのは日本だけかw

21: 名無しさん@恐縮です
>>16
アクション大作が他にないタイミングだし、観たら観たで普通に面白い。今回は駄作でコケたわけじゃなく、飽きられたという感じだな。
予告のワクワク感も足りないし。

17: 名無しさん@恐縮です
長い時間かけてファンを飽きさせた結果
続編を誰も望んでない

18: 名無しさん@恐縮です
うちの近所の映画館じゃ字幕版の上映回数がついに一日一回だけになった
すみっコぐらしは増やされてるのに

22: 名無しさん@恐縮です
そんな理由が分かったら糞映画の乱発なんてされてないだろ。
ポリコレ云々より面白い映画に加えて運や宣伝費やら色んな要素が必要だわ。

公開時期はヒット狙いの枠じゃないし配給も同じ考えなんだろうな。

あとSONYの配給じゃ駄目だろ。

23: 名無しさん@恐縮です
続編がこける理由は大抵前作にある
今作も前作が酷すぎたから客が離れた
決して今作の出来が悪いわけではない

24: 名無しさん@恐縮です
出演者が老けすぎで悲しくなるのよw

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575150994/

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-TV・映画