ニュースボム

芸能人の最新ニュース・噂・事件など話題のニュースまとめ



お笑い芸人

完全に終わった「お笑い第7世代」人気 バブルを作ったテレビ局にも責任?

投稿日:

お笑い第7世代
スポンサーリンク
 
1: 鉄チーズ烏 ★

エンタメ 芸能
2022年03月17日
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/03171103/?all=1

すっかり耳にすることも少なくなった「お笑い第7世代」。2018年12月の「M-1グランプリ」で優勝した霜降り明星のせいや(29)が、自分たちのお笑い世代をこう呼んだことで一気に広まった。第7世代枠の番組が次々と作られたが、最近は続々と消えている。17日の「アメトーーク!」(テレビ朝日)では、“第七世代、その後……”が放送される。

***

3月14日、第7世代を代表する、霜降り、ミキ、EXITの3組を冠にした「霜降りミキXIT」(TBS)が最終回を迎えた。ミキの兄弟2人が新型コロナに感染してしまったため、レギュラー陣が揃わないまま異例の幕切れとなった。バラエティ番組のスタッフは言う。

「第7世代を代表する3組を揃えた最強の番組も、最終回の視聴率は1・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨憺たるものでした。いまや“第7世代はつまらない”という見方が定着しつつあります」

あれほど注目されたのに?

「“お笑い第7世代”は18年の賞レースで爪痕を残した芸人たちや、翌19年に頭角を現してきた若手芸人たちの総称でした。実際のところ、年齢や芸歴など厳密な区分けはなく、そのとき面白い芸人を“第7世代”にはめ込む番組スタッフも少なくありませんでした。ミルクボーイやぺこぱは、世代的にはちょっと上のため少し無理があった。第7世代枠というものまででき、19年に勢いのあった第7世代芸人をブッキングする一大ブームが巻き起こったのです」

様々な番組内で第7世代が取り上げられ、そこから彼らだけが出演する番組が出現する。

■3カ月で終了

「20年4月に日本テレビでスタートしたのが『第7キングダム』でした。霜降り、EXIT、ハナコ、3時のヒロインといった第7世代のみの番組でしたが、3カ月で終了。そもそも期間限定の放送だったようなのですが、まだまだ実力不足という評価が多かったですね」

それでも日テレは、20年7月から「お笑いG7サミット」を放送した。

「四千頭身やぺこぱ、ぼる塾など、第7世代をさらに増やした番組でしたが、結局これも3カ月で終了しました。第7世代はもともとネタが面白いと評価された芸人たちで、バラエティ番組ではトーク力が重要なんです。第7世代は“個人戦(ネタ)”には強いが“団体戦(トーク)”ではウケない、という評価を聞くようになりました。実際、実力派のMCや共演芸人たちとのトークでは、自己アピールができない芸人が多いように感じます」

まだピンで使うには早いが、団体なら――と彼らを起用したテレビにも責任があったのではないか。

「アメトーーク!」で復讐?

「テレビマンたちは第7世代の括りに一生懸命で、無理矢理はめ込んだために、それぞれの実力が発揮できなかったとは言えるでしょうね。19年の『M-1グランプリ』でミルクボーイが優勝したときに、せいやは『第7世代は終わりました、崩壊。もう元の世界に戻ります』と言ったにもかかわらず、テレビ業界は第7世代にこだわり、彼らの番組を続けましたから。だからこそ、最後まで第7世代の中心である霜降りへの期待は大きかったと言えるでしょう」

霜降りが上京後、在京キー局で初の冠番組となった「霜降りバラエティ」(テレ朝)は19年4月にスタートした平日深夜の30分番組だったが、昨年9月に「霜降りバラエティX」と改題して、日曜午前3時からの20分番組に縮小した。

2月22日には、霜降りと西川貴教がMCを務めたゴールデン帯のバラエティ「オトラクション」(TBS)が1年持たずに打ち切られた。

さらに「霜降りミキXIT」(TBS)も終了したわけだ。

「第7世代は、トーク力では敵わない“第6世代”“6・5世代”と呼ばれる中堅の先輩芸人や、20年以降に頭角を現してきた芸人たちに、その場を奪われたと見ていいでしょう。17日の『アメトーーク!』は、何しろ第7世代に対して、ゲストとして出演するのが陣内智則とジャングルポケットの斉藤慎二ですでの、その現実を知らしめることになるでしょう」

第7世代の完全終焉の象徴と言えそうだ。

「いまや第7世代という“肩書き”では仕事はできません。芸人ですから、面白くなければ当然ですが、第7世代という椅子自体がなくなってしまいました。自戒を込めて言えば、テレビ業界が作ったバブルだったのでしょう」

no title

 

2: 名無しさん@恐縮です
終わったのはテレビだろ
いい加減自覚しろよ

 

3: 名無しさん@恐縮です
プペルを作れ

 

7: 名無しさん@恐縮です
本当に面白い奴がいない

 

8: 名無しさん@恐縮です
代わりに出てきたその上の年代の芸人も全然おもろないんやけどな

 

9: 名無しさん@恐縮です
志村けんと加藤茶くらいしか評価できないわ

 

10: 名無しさん@恐縮です
霜降りミキジットとかいう地獄の番組

 

15: 名無しさん@恐縮です
つい最近までもてはやされてた気がしたけど
時がたつのは早いな

 

17: 名無しさん@恐縮です
粗品はあいつ大して面白くないのに
態度めちゃくちゃでかくて

 

18: 名無しさん@恐縮です
錦鯉が全てをぶっ壊した

 

20: 名無しさん@恐縮です
トーク力ねえ
おれはそんなものは信じないが

 

21: 名無しさん@恐縮です
第7世代よりさらば青春の光のが稼いでるからな

 

22: 名無しさん@恐縮です
もう若い世代のスターはYouTuberだからな
そしてYouTuberはお笑いとしてやってなくて芸人という職業自体がもはや落語家ポジションに移行しつつある
俺らの方が格上だとするも人気で負けるっていう

 

25: 名無しさん@恐縮です
ぼる塾の田辺さんはピンになった方がもっと売れる

 

26: 名無しさん@恐縮です
支持層がお笑いの お もわからないZ世代ちゃんなんだもん
当然でしょw

 

27: 名無しさん@恐縮です
経費削減したかったから仕方がない

 

30: 名無しさん@恐縮です

実力がありゃ20年後に冠番組持っとるわ

芸人続けるならバイトやらずに済んだ時点でプラスでしかない

 

34: 名無しさん@恐縮です
電通マン
「僕らが日本仕切ってるんで〜w」

 

35: 名無しさん@恐縮です
もうテレビはスターを作れない時代になったな

 

37: 名無しさん@恐縮です
面白くないやつでも面白くさせる企画センスが今のテレビ局スタッフにないだけだろ

 

38: 名無しさん@恐縮です
ちょい上の千鳥とチョコプラの2人勝ち

 

39: 名無しさん@恐縮です
霜降り以外は割と好きだけどな。

 

42: 名無しさん@恐縮です
だれのことかわからん
知名度はない

 

43: 名無しさん@恐縮です
みんなYouTubeで月収100万以上稼げてるから問題ないよ

 

45: 名無しさん@恐縮です
お笑い番組で笑うことまずないから見ない

 

46: 名無しさん@恐縮です
第七世代って言い方自体がキモかったわ
そんな呼び方今までの芸人にしてないだろ、批判すらNGな雰囲気だったし

 

53: 名無しさん@恐縮です
3人組のやつは壊滅的に面白くなかったな

 

54: 名無しさん@恐縮です
テレビの凋落とともにお笑いも凋落だろw
テレビにバブルや流行なんてもう作れないだろ。

 

55: 名無しさん@恐縮です
バブルなんてない
ぶざまなでっちあげ失敗
笛吹けども踊らず
みじめだな

 

62: 名無しさん@恐縮です
ブームになっただけで成功だから
その後とか知ったこっちゃない

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1647517781/”

スポンサーリンク

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-お笑い芸人
-